トピックス

【ニュース】「厚生労働省版 ストレスチェック実施プログラム」がバージョンアップ!

2016年06月04日

東京介護事業所サポートセンターの「ダブル顧問」で、他社に1歩差を付けてみませんか?

厚生労働省が公開している「厚生労働省版 ストレスチェック実施プログラム」がバージョンアップされました。

このプログラムはストレスチェックの受検、結果出力、集団分析等を行うことができるもので、無料配布されています。
今回のバージョンアップ(Ver.1.2)では、以下の対応が行われています。

1.実施者用管理ツールの対象者一覧に登録のあるデータについて、「ストレスチェックデータ登録」で「行削除」を行 
 った際に「受検者・未受検者一覧」のいずれにも表示されなかったものを表示されるように変更。
2.以下の実施者用管理ツール内機能での「行削除」を行った後、特定の処理を行った後、「ストレスチェックデータ登
 録」の画面を開くたびにレコードが増える現象をレコードが増えないように変更。
・職場登録
・実施管理
・ストレスチェックデータ登録
・対象者一覧登録
3.実施者用管理ツールの「報告用データ」ページの文言修正。
変更前:「労働安全衛生規則第52条20に基づき、」
変更後:「労働安全衛生規則第52条21に基づき、」
4.実施者用管理ツールの「高ストレス者判定」で「高ストレス者一覧」のプレビューの表示レコード数と印刷した際のレ
 コード数とが異なる現象において、プレビュー表示を変更し印刷した際のレコード数を修正しプレビューと同じになるよ
 うに変更。
5.実施者用管理ツールの「ストレス分析(職場)」の「仕事のストレス判定図(複数の職場※各種)」において、14番目
 以降のプロットが正しく表示されない現象を正しく表示されるように変更。
6.実施者用管理ツールと受検者用回答アプリの連結におけるセキュリティ強化。

上記ダウンロードサイトでは、バージョンアップのみを行うことも、新たにダウンロードすることも可能となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

介護事業所の開業・立ち上げは、東京介護事業所サポートセンターへ!

お気軽にお問い合わせください お問い合わせはこちら
Copyright (C)elfaro Co.,Ltd. All Rights Reserved.